忍者ブログ
アイドルマスター×信長の野望 革新PKで、地味目な架空戦記動画を作っています。ここはいわゆるチラ裏というやつです。思いつくままに書いてます。
21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ここ最近ずーっと考えていた事である動画タイトルについて決められたので一安心。
締め切りがなければずっと悩んでいたような気がします。
妙なところでひっかかって動画制作が停滞するのはいつものことなのですが、
もうちょっとさくさく進めたいなあ、と思います。
PR
頭の中でずっと試行錯誤していたあるアイドルとある武将の会話がようやく転がり始めてくれました。
話されるべき内容と会話の雰囲気が決まったら、あとはノリで書くのみです。
勢いで作ってしまった、

についての若干のメモです。8話が出来たら書こうと思っていたのにすっかり忘れていました。
二点だけ。
アイドルのある台詞を探してコミュ動画を順番に見ていったら止まらなくなりました(台詞はちゃんと見つけて確認しました)。
句読点の打ち方を確認するだけのつもりだったのですが……。

自分はいつも作り始めのペースが遅いです。ある程度出来てくると一気に作れる感じになるので、そこまでじわじわ進めるのみですね。
ちょっとシリアスな台詞を考えたりしていたのですが、一息ついて音楽を聞きながら昼食を摂っていたら、いきなりすごくアホな演出を思いつきました。こういう「思いつき」のメカニズムってどうなっているんでしょうね。

5月後半の時間の使い方を色々考えたりしました。時間が欲しいですね。やはり。
9話をどこで完成させられるか…来週の平日で作れたら最高なんですが。
バックアップ用に使っていた外付けHDD(120G)を久しぶりに接続したら、
異音を発した上、いきなり電源が落ちる状態に。
調子がずっとおかしかったのですが、もう5~6年使っていたので寿命でしょうか。
重要なファイルは(多分)入っていなかった……筈。
メインのドライブ(内蔵+外付け1台)は大丈夫なのですが、一瞬不安になりました。
二つの動画に関する作業(1つは9話です)をやっています。
脳内にある構想(妄想)をなるべくそのまま動画の形にしたい、と思っていますが、なかなか。
この辺のギャップを埋めるべく、作り続けていく感じでしょうか。

とりあえず、締め切りがある方を先に目処をつけておきたいです。心の平穏のためにも。作業量的にも。
録ってある戦闘シーンは、なかなか熱い感じなので演出をつけるのが楽しみです。
9話に一部だけ入るか、10話になるかは未定。

春香大名、物語的には戦国風異世界ファンタジーだと勝手に定義して作っているので、その「世界」のことを色々考えたりします。自分で小説などを読むときには、細かい設定など全く気にしない質なのに、作ろうとすると違うものだなあ、とちょっと感慨深いです(前にも書いたかな)。
そういう「世界」の話が動画に反映されるかというと、たぶん気にせず見られるように作ることになると思うのですが。さらっとしたお話にしたい、という志向が強烈にありますので(これは何度も書いていますね)。
という訳で、台詞を書いては削る作業に戻るんだ!
さて、制作モード入ります。
しかし、お待ちいただいている方には申し訳ないのですが、9話の完成は結構先になってしまいそうです。今週末は厳しいかもしれません。
4~5月は仕事や演奏会出演などもあってなかなか時間が取りにくい状況なのですが、6月になれば少しペースは改善する予定です。…たぶん。
昨日書いた二つの動画を何度も見てしまいます。
どっちも良すぎです。
あと、ななななな~Pの過去の作品も見返したり。

これも名作ですね。
一回見たら必ず二週目に突入してしまいますし。

こんな動画が作れたらいいなあ、と思う今日この頃。(PVで、という訳では必ずしもないです。)

夜、ふらりとスーパーまで歩いて買い物に行く途中、ずっと先の方の会話が浮かびました。あるアイドルのエピソードのラスト部分。これで、そのエピソードについては、ラストに向かう途中の物語を考えるだけになりました。ゲーム展開次第で使えるかどうかは全然分からないのですが、こういう妄想のストックはあればあるほどいいかな、と思います。
で、ふと、昔は文章を考えたり、曲を作ったりするとき、よくふらふらと散歩していたなあ、と思い出しました。机やパソコンに向かっているとダメだったのに、歩いているうちにアイディアが浮かんだりすることがよくありました。理由はよく分かりませんが、これからまた行き詰まったらちょっと散歩したりってのはやってみようかと思います。
Copyright c 春香大名制作日記 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]